Ubuntu 一覧

動的コンテンツ復活させました

似非プルトチャットとDokuwikiくらいですけど(やっと)復活させました。
Dockerでcgi動かしたりリバースプロキシ動かすところで詰まってて
結局あきらめてしまった。

時間も経ってnginxの設定方法とかもすべて忘れていたのでかなり手間かかったわ( ˘ω˘)

自宅のルータの調子が悪くてポートフォワーディングが適切に行われないことがある。
Wi-Fiの調子が悪くて1回交換したんだけどね…結局、改善されなかったしこの機種の問題なのかもしれない。
続くようなら一旦公開止める。

VirtualHostでfrontale.orgの方もつながるようになったはず…
別回線でつながることは確認したもののリンク切れまでは見ていない。
とりあえず公開しちゃまずそうなものは消しておいた。

[追記]
ルータが不安定なようで接続できない状態が続いてます。

[さらに追記]
サブノートでChromebookを使っているのだが、それをWi-Fiで繋いでいると発生するらしい。
確かにもともとChromebookでLIVE配信を見ているとよく切断されていたりして不便だった。
相性問題的なものかもしれない。
ひとまずChromebookの接続先を別回線に切り替えたところ安定して接続できている状況。

nginx+FastCGI+PHPでWordPressを動かしていて一定サイズ以上のファイルがアップロードできない件

検索しても出てこなかったけど何とか無事解決したので記録。

■環境について

Ubuntu 14.04 LTS
nginx+FastCGI+PHPでWordPressを動かしてます。
WordPressの「メディアを追加」で画像をアップロードしようとしても
httpエラーが出てしまい画像がアップロードできない。

検索した結果から考えられる問題については下記があったがいずれも原因ではなかった。

  • php.ini / .htaccessの設定 ... 充分な大きさだった
  • 該当フォルダの書き込み権限 ... nginxのユーザ権限
  • サーバのディスクの空き容量 ... 充分な空きがあった
  • WordPressのファイルアップロードサイズ ... 該当の設定が見つからない
  • WordPressの中に壊れたファイルがある ... 見つからなかった

■原因:nginxのパラメータ

nginxではPOSTのサイズが1MBに制限されているそうです。だから写真とかはダメなのです。

$ sudo vi /etc/nginx/sites-avairable/default

さくっと設定ファイルを書き換え

server{
    #  :: 省略
    server_name www.example.com;
    client_max_body_size 10M;
    #  :: 省略

書き換え終わったらリロード。

$ sudo service nginx reload

自分は、これでアップロードできるようになりました。

さくらのVPSのapt-get updateが遅い件

さくらのVPSにおいて、Ubuntuサーバを運用中です。

最近、apt-get updateにやたらと時間がかかるようになってしまった。
だいたい下記のような状態で止まって待ちになってしまっている感じです。

100% [security.ubuntu.com (2001:67c:1562::14) へ接続しています]

見た感じIPv6だから?

軽く調べてみたところ、apt-getでIPv4を使うオプションがありました。
Convince apt-get *not* to use IPv6 method

$ sudo apt-get update -o Acquire::ForceIPv4=true

これでさくっと更新されるようになりました。

Ubuntu 14.04LTS

Ubuntu 14.04LTSが出てたのでUpgrade中。


# sudo do-release-upgrade

/etc/apt/sources.listを編集しないといけないとか細かい作業はあるけど簡単にUpgradeできちゃうのはスゴいね。ただ、ソースからのビルドはしにくそうだ。